保土ヶ谷、星川の歯科・歯医者 ふるた歯科。歯周病、審美歯科、インプラント治療はおまかせください。

Tel:045-341-7776

インプラント

インプラントとは

天然歯並みの咀嚼能力になりますので、
なんでも美味しく食べられることができ、気持ちも表情も若返ります。

インプラントは歯が抜けたところに人工歯根(インプラント)を埋め込み、
その上に人工の歯をかぶせることで、歯の機能を回復させるだけでなく、
自然な歯並びをよみがえらせる治療法です。

入れ歯にすると、天然歯のおおよそ20%程度の力でしかものを噛むことができず、
おのずとやわらかい物ばかりを食べるようになってしまいます。

また、上部構造(人工の歯)もセラミック等でできていますので、
審美的にも大変美しい仕上がりとなり、「第2の永久歯」とも呼ばれています。

このようなお悩みの方に

入れ歯が合わず、硬い物がかめない方

歯が多数欠損してしまった場合、今までは入れ歯をするしかありませんでした。
日本人は、欧米人に比べて口腔粘膜が薄く、また粘膜の痛点(痛みを感じる神経細胞)が多いためどんなに適合の良い入れ歯を作っても痛く感じる方がいます。
そのような場合には、インプラントを用いて治療する方法がおすすめです。
インプラントが顎骨に固定されますので、噛んでも痛くありません。

入れ歯のバネが気になり、人前で笑えない方

『大きく口を開けると、入れ歯のバネがキラリと見える。だから人前では、笑顔を見せられない。』こんな方には、インプラントはお勧めです。インプラント治療では、天然の歯のような自然な感じを取り戻すことができます。
これで人前でも気にせず楽しく笑えるはずです。
また入れ歯に比べてインプラントは、発音の障害が少なく、人前でお話するのも楽になります。

入れ歯の取り外しがわずらわしい方

インプラントは、入れ歯のように取り外さなくてよいので、面倒がありません。
入れ歯だと、毎回毎回取り外しをして洗浄をする必要があるのですが、固定式のインプラントですと、普通に歯磨きをすることができます。その為、入れ歯のようなケアのわずらわしさから開放され、自然歯の頃と同じように生活していただけます。
インプラントは、入れ歯のわずらわしいお手入れから開放されたい方にもぴったりの治療法と言えるでしょう。

インプラント治療の流れ

STEP1 診察・治療計画

問診、触診、レントゲン写真、お口の中の写真等を参考にして、 インプラントの治療計画を立てます。 顎の骨の状態などにより様々なケースがありますので、しっかりとお話し合いをいたします。 もし、歯周病であれば同時に治療を行います。

STEP2 インプラント埋入(1回法)

顎にインプラントを埋入します。
場合によっては、手術は静脈内鎮静法とよばれる麻酔法を用いて、うとうとした状態でおこないますので、苦痛を感じることはありません。
術後は治癒期間として、3ヶ月~半年間、インプラントが骨としっかり結合するのを待ちます。
※ インプラントの種類によって手術には1回法、2回法があります。2回法の場合、2の手術後にもう一度上部構造を取り付けるための準備として、手術を行います。

STEP3 人工歯の装着

インプラントによるしっかりとした土台ができたら、人工の歯をインプラントに装着し、治療は完了です。 人工の歯はセラミックなどを使用した冠を使用しますので、審美的にも大変美しいものになります。

インプラント費用

インプラント費用

上部構造(白い歯) 20万円
インプラント体 20万円
総額 40万円(+税)

※症状により費用は変わります。
治療前に症状を拝見し、費用・手術内容をご説明いたしますので、ご安心ください。

≫NEXT 光機能化インプラント

0453417776お問い合わせ