保土ヶ谷、星川の歯科・歯医者 ふるた歯科。歯周病、審美歯科、インプラント治療はおまかせください。

Tel:045-341-7776

根管治療・歯内療法

ふるた歯科の根管治療・歯内療法

ふるた歯科では、歯科用マイクロスコープを完備、
根管治療・歯内療法の天敵と言われる感染症を防ぐため、
しっかりとラバーダムも使用しています。

根管治療・歯内療法

歯の根の中には、神経が通っている非常に細い管があります。そこにむし歯菌が入り込み、
神経まで浸食されてしまうと、最悪の場合は歯を抜かなくてはいけなくなります。
根管治療・歯内療法では、なんとか歯を残すためにその管の中から感染物を除去する治療法。

当院では、歯科用マイクロスコープやルーペを活用しながら、より精密な治療を行っています。

なぜ根管治療・歯内療法が必要なのか

歯の根の中に感染物質が溜まったままでは、
歯を抜かなければならなくなることもあります。

もし、根管治療・歯内療法をせずに歯に詰め物や被せ物を付けたとしても、
歯の根の中に感染物質が溜まったままなので、結果、炎症を起こし、
せっかく装着した詰め物や被せ物を外して再治療しなくてはならなくなります。

最悪の場合、歯を抜かなければならなくなることもあります。そのような事態を避けるためにも、
歯の神経を除去する際は、根管治療・歯内療法を行う必要があります。

適切な根管治療・歯内療法は、面倒な治療過程と思われがちですが、
その歯の寿命を決定付ける、とても大切な治療なのです。

根管治療・歯内療法になくてはならない
ラバーダム防湿

ラバーダムなしの根管治療・歯内療法は
無意味と言っても過言ではありません。

ラバーダム防湿

ラバーダム防湿とは、根管治療・歯内療法を行う歯以外を薄いゴムシートで覆いかぶせ、
大量の細菌が含まれる口腔内の唾液や血液による感染を防ぐためのものです。

ラバーダムを使用することで、口腔内の様々な細菌が根管内に侵入するのを防ぎ、
無菌状態で治療することが可能になります。

根管治療・歯内療法を行うにあたり、ラバーダム防湿をしていないということは、
根管内の細菌を徹底的に除去しても、新たな細菌を招き入れてしまう可能性が高くなることから、
ラバーダムの使用は不可欠となります。

根管治療・歯内療法のメリット・デメリット

メリット

・4~24倍まで拡大して見ることができる。
・精度の良い治療ができ、歯の寿命が延びる。
・治療中の状況を映像で見ることができる。
・抜歯しなければいけないと言われた歯が残せる可能性がある。
・非常に綺麗な治療が出来る。

デメリット

・限られた歯科医院でしか行われていない。
・歯科医師に特殊な技術が求められる。
・治療時間が長くなりやすい。
・治療回数がかかる。
・自費診療になることがある。

0453417776お問い合わせ